医学部進学を目指すなら!予備校と個別指導のメリット

個別形式のメリット

個別形式の授業なのでその生徒に合わせてカリキュラムを用意してもらえ、自身のペースにある程度合わせて授業を受けることができるといった学びやすさが個別指導のメリットです。
このスタイルの授業は志望校がすでに決まっている場合や苦手分野や弱点などを克服したいという場合に無駄なく効率的な学習を行うことができるのです。
この点は集団クラス制の授業ではなかなか得られにくいメリットともいわれます。
集団授業のクラスは1年間のカリキュラムがあらかじめ作成されており、その計画に合せて学習を進めていきます。
そのため、自身のレベルよりも高かったり低かったりしてしまうと無駄な時間を費やさなければならなくなったり、時間が不足したりして非効率となるといった点などもあるといわれます。

自分のペースでオリジナルの学習計画に基づいて学習を進めていくことができる個別形態の指導では、自分に必要なことのみ学習することができ、より深い理解をもつことができるため学習効果が出やすいのです。
また、わからないことなどを直接質問しやすい環境にあるということもメリットです。
教師が自分だけに指導してくれるため、他の生徒を気にする必要がなく、わからないことはいつでも質問することができるのです。
そのため、しっかりと理解することができるのです。
また、多くの場合、生徒が講師を指名できる制度が取られており、自分と相性のよい講師に担当してもらうことができます。
そのため、授業も充実しており、モチベーションも維持しやすい状態で学習を進めていけるというメリットがあります。
その他にも、ある程度臨機応変に授業時間が選択可能になっているところもあり、部活後に学習を行えるといったように学校生活との両立がしやすいといったメリットやテスト期間は回数を増やすなど、より柔軟に授業を受けられるといった利点もあります。

医学部は大学学部の中で最も難関といわれています : 個別指導を選ぶ最大の特徴 : 個別形式のメリット